『レッド・デッド・リデンプション2』開拓地や町の情報がスクリーンショットと共に公開

スポンサーリンク

ロックスター・ゲームスは10月26日に発売を予定しているPS4/Xbox One用ソフト『レッド・デッド・リデンプション2』について、広大な世界に存在する特色ある開拓地や町の情報を公開しました。

スポンサーリンク

開拓地や町

ウェストエリザベスの森、アンバリーノの山々、ニューハノーバーの平原、ルモワンの沼地…。雄大で多様な風景が広がる『レッド・デッド・リデンプション2』の世界に散りばめられた町や地域を探索しよう。

バレンタイン

バレンタイン001

ハートランドに位置するバレンタイン。粗野で騒々しいこの町では家畜の競売が行われ、遠路から商人、農家、カウボーイ、賭博家、無法者や商売女さえも集ってくる。稼いで飲んで騒いで、楽しいときを過ごすために…。

バレンタイン002バレンタイン003

アンズバーグ

アンズバーグ001

炭鉱の町、アンズバーグでの人々の暮らしは過酷だ。一世紀近くに渡りラナッチェ川の上へ下へと石炭を供給し続けてきた。労働者の賃金は低く、労働環境は劣悪で、この町の男の多くが探鉱作業中に命を失った。

アンズバーグ002アンズバーグ003

サンドニ

サンドニ001

北アメリカへの入り口であり、アメリカを貫く商業ルートで重要な位置を占めるサンドニ。ここでは文化と人々がごった返し、ビジネスマン、資産家、船乗り、労働者、物乞い、泥棒までもが隣り合わせに暮らしている。

サンドニ002サンドニ003

ハーゲン山

ハーゲン山001

雪深きハーゲン山。アンバリーノのグリズリーにある、名高き山の1つ。西にイザベラ湖を眺めてそびえるこの山の東にはベアトゥース小川が走り、西部山岳地帯を通る主要道路が南方のダコタ川まで通じている。

ハーゲン山002ハーゲン山003

ローズ

ローズ001
表面上は礼儀正しく上品な南部の町、ローズ。しかし敵対意識や政治の腐敗はこの町に根深く残っている。というのは、かつて地主として栄えた2つの旧家、ブレイスウェイト家とグレイ家による長年の対立があり…。

ローズ002ローズ003

ストロベリー

ストロベリー001

ストロベリーは、小さな林業の町でしかなかった。しかし東海岸からやってきた風変わりな新市長は、ここに金持ちの観光客を呼び込み、文化の中心地にするべく町おこしを試みている。もっとも、これは地元住人の間では困惑を呼んでいる。

ストロベリー002ストロベリー003

ラグラス

ラグラス001

ルモワンのバイユーンワにある、小さく孤立した沼地の入植地ラグラス。ここの住人は専ら自給自足で生活を営み、釣りをしたり、地域の案内人として、僅かばかりの生活費を稼いでいる。

ラグラス002ラグラス003