カプコン伊津野氏『ジャスティス学園』&『ドラゴンズドグマ』新作への熱意明かす。両作共に既にストーリーは考えてある

『デビルメイクライ』シリーズ10年振りのナンバリング最新作として大きな期待を集めている『デビルメイクライ5』。本作のディレクターを務める伊津野英昭氏が欧州メディアEurogamerのインタビューに応じ、過去に手掛けた人気作『ジャスティス学園』と『ドラゴンズドグマ』の2作について、その続編への思いを明かしました。

『ジャスティス学園』が好きだというインタビュアーから、『ジャスティス学園』への思いと再制作の意向を問われた伊津野氏は「ジャスティス学園は大好きですよ!私に決定権があるならば、今すぐにでも作り始めるでしょう。もし『ジャスティス学園3』に関心があるなら、カプコン欧州にどんどん要望を送って下さい!」と回答し熱意を見せました。ちなみに、伊津野氏は3年前の「ニコニコ超会議2015」でも『ジャスティス学園』続編のストーリーは考えてあるのでカプコンに要望を送って欲しいとファンにアピールしていました。

また、『ドラゴンズドグマ』続編にも言及しており、「もし許可が出るなら作りたいです。既に物語も考えています。『ドラゴンズドグマ2』を作れるよう、カプコン欧州にガンガン要望を伝えて下さい!」と話しています。

情報元:Eurogamer