『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』鬼太郎&目玉おやじの登場や妖怪とともだちになるための「魂カツ」などについて

レベルファイブは6月20日に発売を予定しているNintendo Switch用ソフト『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』に関する新たな情報を公開しました。

鬼太郎と目玉おやじが登場!

ゲーム内のクエストに、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」より鬼太郎と目玉おやじが登場。公園で鬼太郎と出会ったナツメら妖怪探偵団。

鬼太郎によると目玉おやじがいなくなってしまったらしく、捜索を手伝うことになる。妖怪から目撃証言を聞き、目玉おやじを探し出せ。

ゲーム最新情報

4つの世界にそれぞれの「ガシャ」がある

本作の舞台となる4つの世界には、見た目の違うガシャマシンがそれぞれ存在しており、物語が進むと、妖魔界にある「ガシャランド」という施設でいつでも引けるようになる。宝箱や報酬などでコインを入手して、たくさんガシャを引こう。

左から現代(ケータの世界)、未来(ナツメの世界)、過去(シンの世界)、妖魔界

6人のウォッチ使いを自分好みに育成

バトルに参加できるウォッチ使いは6人。それぞれに異なる武器やひっさつわざを持つ彼らだが、ウォッチスキルを強化することで、さらにバトルを有利に進められるようになる。自由にポイントを割り振って自分好みに育成していこう。

選ばれしウォッチ使いの6人
左からシン、トウマ、ケータ、ナツメ、フミちゃん、アキノリ。
各キャラクターのウォッチに「妖」「体」「技」「心」「愛」「友」という6つの系統がある。
強化に必要なポイントはレベルアップなどで入手。

新システム「魂カツ」で妖怪とともだちになる

今作は、妖怪とともだちになる方法が過去作から一新。

バトル中に敵妖怪から「魂(こん)スイトール」をすることで、妖怪のチカラの結晶である「魂(こん)」を入手。この「魂」と引き換えに、「魂カツ」のコンサルタントである「魂サル」が素敵なともだちを紹介してくれる。