『ドラゴンクエストビルダーズ2』マルチプレイについてや制作状況など開発者インタビュー情報

スクウェア・エニックスがPS4/Nintendo Switch向けに開発を進めている『ドラゴンクエストビルダーズ2』の開発者インタビューがファミ通最新号に掲載され、その一部内容が明らかとなっています。

<続きは以下へ>

藤本則義P&白石琢磨APインタビューより

  • 『ビルダーズ2』の制作は前作がヒットしたことで決定した。
  • 続編では、ハード的な制約を極力抑えてしっかりと作りたかった。故にハードはPS4とSwitchに決まった。
  • ユーザーからは多くの要望をもらった。その中には実際にやろうとして出来なかったものもあった。
    要望の一部:水を高い場所から流したい、もっと高い場所でモノづくりをしたい、最大4人のマルチプレイなど。
  • 現状では、高さは前作の3倍くらい。
  • マルチプレイについては、「マルチプレイができる」というだけにはならないような手法を考えている。何らかの遊びの場は提供できると思う。
  • 制作状況は「トライ&エラーの連続」「余裕があるという感じではない」「ゲームエンジン刷新の影響よりも、ゲームデザインに時間がかかっている」
  • 物語は「旅の仲間 少年シドー」が登場するということ以外はまだ言えない。シドーといえば『ドラクエ2』を連想する人も多いと思うが、DQ2の物語を知らなければいけないということはない。前作とのつながりももまだ話せない。
YouTube