『ファイナルファンタジーVII リメイク』デートイベントやミニゲーム、ワールドマップの形式に関するインタビュー情報

ff7r_151206 (32)

スクウェア・エニックスが開発を進めている『ファイナルファンタジーVII リメイク』について、野村哲也氏と北瀬佳範氏のインタビューが電撃PS最新号に掲載されています。

  • 基本的にはフルボイスになる。『アドベントチルドレン』で声が当てられていないキャラクターは新たにキャストを決める。
  • (デートイベントもフルボイス?)「そこも対応しないわけにはいかない」
  • オリジナルイベントの再現は、当時とは社会情勢が違うことを考慮に入れて慎重に行う。例えば“蜂蜜の館”など。
  • ワールドマップは、オープンワールドやサンドボックスと呼ばれる形にこだわるつもりはない。ただし、キャラのアクションが背景に影響を与えるような環境は実現したい。
  • ファンの印象に残っているミニゲームはなるべく導入したい。オリジナルには大小さまざまなミニゲームが存在したが、全てを最新技術で作る必要性があるかとなると検討が必要。
  • 開発状況は、やっとスタート地点に立てたという段階。
  • 次回の情報公開は『KH2.8』や『WoFF』が一段落してから。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事