デーモンハンターが活躍するハクスラ・アクションRPG『ヴィクター・ヴラン オーバーキル エディション』PS4&Switchで発売決定!

3goo.は、常識破りなデーモンハンターが活躍するアクションRPG『ヴィクター・ヴラン オーバーキル エディション』をPS4とNintendo Switchで発売すると発表しました。2019年2月14日発売予定です。

『ヴィクター・ヴラン』は、冒険で強力な装備を入手し自身を強化しながらゲームを進めていくハック&スラッシュゲームとハードロックを融合したアクションRPGです。マルチプレイにも対応しています。

『ヴィクター・ヴラン オーバーキルエディション』ゲームプレイトレーラー

Victor Vran: Overkill Edition | Gameplay Trailer | PS4

『ヴィクター・ヴラン』について

※以下のゲーム紹介はSteam版のものです。

『Victor Vran』はゲームの腕と優れたキャラクタービルド、裝備のすべてが重要となるアイソメトリックARPGだ。回避、ジャンプ、敵に止めを刺すための強力なスキルなどの激しい戦闘アクションを体験しよう!
『Victor Vran』は多彩な武器、アイテム、服装、悪魔の力、運命のカードが登場するアイソメトリックARPGだ。あらゆる方向から迫りくる敵を強力なスキルでなぎ倒す、激しい戦闘アクションを体験しよう!
『Victor Vran』ではプレイの仕方を自分で決めることができる。多岐にわたる、武器、ゲームの流れを変えてしまうほどの服装、強大な悪魔の力、運命のカードなどの要素により、自分だけのビクターを作り上げよう。スペシャルムーブを使いこなし、スキルと武器を組み合わせて恐るべき怪物の群れを蹴散らし、狡猾なボスを倒せ。
デーモン退治は孤独な戦いである必要はない。オンラインで友だちトーチームを組み、完全協力モードで闇に包まれた物語を探索しよう。ローカルの協力モードも利用可能。

  • ダイナミックなアクション – 敵に飛び込み、攻撃を回避し、モンスターの大群に立ち向かえ
  • 多彩なキャラクタービルド – 武器やアイテム、服装、運命のカード、悪魔の力を選んで自分だけのモンスタースレイヤーを作り上げよう
  • 友達を招待して一緒にモンスターを倒す。または世界中のプレイヤーと組んで戦おう。どちらが強いか知りたい?PvPアリーナで決着をつけよう。
  • 自作のアイテムとランダム生成のアイテムの両方が登場。変換機能を使って全てのアイテムを完璧になるまで改善。
  • 多彩なモンスター行動パターン
  • 呪われたアイテムで難易度をカスタマイズ
  • 無料のTome of Souls DLCにより新しいアクティブスキルと呪文使いプレイを可能とする新しい武器タイプが登場。もちろん、禁じられた言葉と果てしなき力を秘める「Nekronomicon」や「Fifty Shades of Slay」などの伝説の書も存在する。
  • 無料のHighlander Outfit DLCによりさらなるキャラクタービルドの可能性とキャラクターの新しい外見が利用できるように。
  • 無料のCauldron of Chaos DLCはランダムなレイアウトとエンカウント、デイリーチャレンジを提供する巨大な新マップを追加。

『ヴィクター・ヴラン オーバーキルエディション』について

悪魔ハンターのビクターとなろう。自分だけの英雄を作り出し、呪われた都市ザゴラヴィアを解放せよ。『Motörhead: Through the Ages』は世界で最も轟音を鳴り響かせるバンドの神話が体感できるワイルドなツアー。さらに壊れた世界の欠片から作られた次元である『Fractured Worlds(粉々の世界)』を探索しよう。

君は激戦のさなかを含むあらゆる瞬間でプレイスタイルが変更できる。悪魔退治の武装を選び、敵の恐るべき攻撃を回避し、そびえ立つ建物から飛び降り、邪悪な怪物の群れと狡猾なボスモンスターを撃破せよ!フェドーラを被るも、被らないも、君次第だ!

  • 数々の賞を受けたオリジナルアクションRPGを完全体験
  • モーターヘッドからインスピレーションを受けた世界を含む50以上の土地でハント
  • ギターとリボルバーを含む10種類の個性的な武器クラス
  • Fractured Worldsで無限のプレイ時間
  • 立ち塞がる10種類の悪魔
  • ダイナミックコンバットで敵と激突
  • 12のそれぞれ大きな違いをもたらす衣装を選択
  • 戦闘で得られる戦利品で自分自身のクラスを育成
  • 19種類の悪魔の力を召喚して敵を叩き潰せ
  • 4人プレイ、およびローカルでの2人協力プレイ
  • サーカスPvPアリーナでビクターとなろう
  • オリジナルサウンドトラック+モーターヘッドの音楽
  • 伝説の監督ロイド・カウフマンがゲストとして登場
情報元:Steam