恋愛ADV『この大空に、翼をひろげて』Switch版が今夏リリース決定!

PULLTOPは、恋愛ADV『この大空に、翼をひろげて』のNintendo Switchが今夏リリース予定と発表しました。販売はMoeNovelです。

『この大空に、翼をひろげて』は、2012年5月にPC版が発売された恋愛アドベンチャー。ユーザーから高い評価を受け「萌ゲーアワード2012」でGOLD大賞を受賞。その後、ファンディスク2作が発売、さらに5pb.から本編+FD2作をまとめたコンシューマ版(※公式サイト)もリリースされました。

【ストーリー】

風の吹き抜ける街『風ヶ浦市』。
ここは『風の王国』と呼ばれる学園都市。

無数の風車が立ちならび、風とともに生きる街。
といえばちょっとカッコいいが、結局のところ俺にはただの生まれ育った街でしかない。

俺こと、水瀬碧(みなせ・あおい)は、まあ色々理由はあるけれど、故郷に帰ってきた。
そこで出会ったグライダー部の少女たち、
彼女たちとの生活が空への憧れのきっかけになる。

寮の問題児・車椅子の少女、羽々音小鳥(はばね・ことり)。
幼馴染の姫城あげは(ひめぎ・あげは)や
理事長の孫・双子の風戸亜紗、依留(かざと・あさ、よる)、
そして、伝説的存在の超絶美人なグライダー部の先輩・望月天音(もちづき・あまね)。

「どうしてもあの雲の上に行きたい!」
そんな願いを叶えるため、風車の丘の秘密基地で、俺たちの夏休みは始まった。

学園や生徒会の妨害を乗り越え、はたして、俺たちのグライダーは、
この大空に翼をひろげることができるのだろうか?