任天堂の開発室から生まれたプログラミングソフト『ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング』Switchで6月11日にリリースへ

スポンサーリンク

任天堂は、Nintendo Switch用ソフト『ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング』を6月11日にリリースすると発表しました。価格はパッケージ版が3,480円、ダウンロード版が2,980円(いずれも税込)です。

スポンサーリンク

『ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング』 について

本作は、任天堂の開発室から生まれたプログラミングソフトで、誰もが実際に作りながらゲームプログラミングを体験することができます。(※特定のプログラミング言語が学べるソフトではなく、あくまでもゲームプログラミングを体験し、その過程でプログラミングに必要な考え方に触れられるというもの)

レッスンで作るゲームは、2人で対戦するおにごっこのゲームから、3D空間を使ったアクションゲームまで、さまざまなジャンルの7種類。ナビの指示に従いながらゲームを制作することで、プログラミングの基礎(考え方)を学ぶことが可能です。

そして、レッスンで基礎を学んだら、その知識を活かして自分だけのゲーム作りに挑戦。タッチ操作で遊べるモグラたたきや、飛んでくるフルーツをカゴに入れるゲームなど、自由な発想でゲームをプログラミングすることができます。キャラクターや背景に使用できる絵を描いたり、アップテンポな音楽からミステリアスな音楽まで、雰囲気をガラリと変えるBGMをつけることができ、作ったオリジナルゲームはインターネットに公開(※Nintendo Switch Onlineへの加入が必要)することで多くの人に遊んでもらうことも可能です。

ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング 初公開映像

TVモード、テーブルモード、携帯モードのいずれでもプレイ可能。TVモードでは、コントローラーを使った操作はもちろん、市販のUSBマウスも使用可能です。Nintendo Switch Liteでもプレイ可能ですが、フリープログラミングモードの一部の機能でJoy-Con(別売)が必要なものがあります。

ソース:任天堂