Nintendo Switch 廉価モデルは6月末までに発売の見通し ─ Bloomberg報道

スポンサーリンク

Bloombergは、任天堂が現行のNintendo Switchよりも価格を抑えた廉価モデルを発売する見通しと報道しました。同メディアは、事情に詳しい関係者2人から匿名を条件に得た情報であると記しており、そのうちの一人からは、6月末までに発売される可能性があるとの情報も掴んだ模様。また、複数の関係者から、現行のSwitchもやや改善されるが、より高性能な新型の発売準備は進んでいないという話も聞いたとしています。

Nintendo Switchの新型については、ウォール・ストリート・ジャーナルが早ければ2019年夏にも携帯性特化の廉価モデルとハイエンドモデルの新型2種類が登場する可能性があると報道
その直後、Eurogamerが別ルートから同様の情報を得たとする記事を投下し、廉価モデルは3DSの後継機と見なしており堅牢で子供向けな2DS路線のハード、ハイエンドモデルは3DSとNew3DSの関係性に類似していると書きました。
さらに先日、日本経済新聞もSwitch小型廉価版の存在を報道。2019年秋に発売予定であるとし、屋外に持ち出す携帯型としての機能がメインとなる一方で、テレビに繋ぐ据え置き型としての機能も踏襲すると報じました。