河津秋敏氏、サガシリーズ継続に意欲「ユーザーの要望あれば続けられる」「尖った難しいゲームをどんどん作る」

12月15日に最新作『サガ スカーレットグレイス』がリリースされたサガシリーズ。本シリーズを長年にわたって手掛けている河津秋敏氏が、ファミ通最新号のインタビューで今後もサガシリーズを継続していく意向を示したことが分かりました。

河津氏は『サガ スカーレットグレイス』の開発について、

「サガってなんだろう?」と自分で定義し直す目的もあった。今作のその先に作っていったものがサガだよと、そう言えるくらいのスタート地点には立てたかなと思っている

とコメント。

さらに、それに対する「つまり今後サガシリーズを続けていくこと?」という問いかけには

ユーザーの皆さんに続けてほしいと思っていただければ、続けられるかなと。「これからもRPGのこういう表現をやるよ」という意味でサガを続けていくと思います。今後もこういう方向性を突き詰めて、尖っていて、難しくて、歯が折れそうになるゲームをどんどん作っていくつもりです。

と返答し、サガシリーズ継続への強い意欲を明らかにしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事