モノリス高橋氏「ゼノブレイドクロスでキャラとロボットが混在しても成立するRPGを実現出来た」

xenobladex_141201

xenobladex_141201

モノリスソフト高橋哲哉氏が、Wii U向けに制作中のオープンワールドRPG『ゼノブレイドクロス』の公式Twitterにて、本作に登場するロボ「ドール」について語っています。

高橋氏によると、「ドールの身長は大体人の5倍、9~10メートル」だそうです。この身長は「キャラクターとロボットが混在した状態でのマップ探索やバトルを行う際の最適値として算出した値」であるとのこと。もしロボットのサイズがこれ以上大きくなるとどうなるのでしょうか?高橋氏は「マップのサイズも更に巨大な物になり、総バジェットの問題だけでなく、そもそもキャラで探索する際に間延びしてしまう」と、問題点を指摘しています。

そして締めくくりに「モノリスが設立されて15年、本作においてようやく僕の中での課題であったキャラとロボットが混在しても成立するRPGを実現出来たと思っています。」と綴っており、長年にわたって検討を続けてきた問題に『ゼノブレイドクロス』という作品を通じて最適な答えを出すことが出来たようです。

関連リンク
 ・ゼノブレイドクロス 公式Twitter

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事