PS4/Steam『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』簡単操作で様々な技を繰り出しながら奥深い読み合いや原作さながらの“舌戦”も楽しめるゲームシステム情報が公開!

スポンサーリンク

アークシステムワークスは2019年に発売を予定しているPS4/Steam用ソフト『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』について、最新情報を公開しました。

スポンサーリンク

ゲームシステム

本作は、フィールドを駆け回り、ダッシュやステップ、様々な攻撃を駆使して戦う 3D耐繊 (対戦)アクション。
キャラクター同士が離れている場合は遠距離攻撃やステップで間合いを図り、近くにいる場合は近接攻撃でコンボを叩き込み、相手の体力をゼロにすれば勝利となる。

複雑なコマンドは無し!方向キーやボタン同時押しで様々な攻撃が繰り出せる

近接攻撃ボタンはひとつだけだが、上下方向や横方向へ方向キーを入力しながらボタンを押したり、ジャンプ中やダッシュ中に攻撃ボタンを押すことで様々な方向、範囲の違う攻撃を繰り出すことができる。

対戦ゲームファンも納得の読み合い要素

【打撃】【ガード】【ブレイク攻撃】を用いた“基本三すくみ”に、【回避】と【回避読み攻撃】の2つの要素が加わった“応用三すくみ”が絡み合うことで、対戦ではシンプルながらも深い駆け引きを楽しむことができる。

原作の戦いを忠実に再現する「血威表明縁絶」

「血威表明縁絶(けついひょうめいえんぜつ)」とは、原作アニメでもよく見られた「戦いながら相手と会話するシーン」を ゲーム内で再現したシステム。
バトル中に“L1+R1”で繰り出せる「血威バースト」をヒットさせると、そのキャラクターの「血威表明縁絶」が発動し、互いのプレイヤーは画面に表示される三すくみの選択肢から、それぞれ1つを選び演説を行う。
発動側の勝ち又はあいこで、演説を言い切り「血威レベル」が上昇。「血威レベル」が上昇すると、基本性能の上昇及び一部の必殺技が超必殺技になる等、キャラクターが大幅にパワーアップされ、最大レベルに達すると、 一撃必殺の【戦維喪失奥義】が使用可能になる。一度上がった「血威レベル」はそのバトル中は下がることはない。