フロム・ソフトウェア新作『SEKIRO』が gamescom award 2018 最優秀タイトルに決定!ゲームボリュームは『Bloodborne』や『ダークソウル3』と同程度になる模様

スポンサーリンク

戦国時代末期を舞台に、すべてを奪われた忍者の奪還と復讐の物語を描くアクションアドベンチャー『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。『ダークソウル』シリーズや『Bloodborne』を手掛けた宮崎英高氏の新作ということもあり大きな注目を集めている本作ですが、その内容も期待通りの仕上がりになりつつある模様。欧州ゲームショウ gamescom 2018 に出展されたタイトルの中から優れた作品を選出する gamescom award 2018 において、最も優秀なタイトルに贈られる「Best of gamescom」を『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が獲得しました。

また、『SEKIRO』のゲームボリュームに関する情報も判明。海外メディアVG247がフロム・ソフトウェアの宣伝担当・北尾氏に『SEKIRO』の想定プレイ時間を尋ねたところ、具体的なプレイ時間を伝えることはできないとしたうえで、『Bloodborne』や『ダークソウル3』といった最近のタイトルと同じ程度のボリュームになるだろうと回答したとのことです。

Sekiro: Shadows Die Twice will be a similar size to Bloodborne and Dark Souls 3 - VG247
Fans around the world have already sunk hundreds of hours into Bloodborne and the Souls series, and it looks like we’ll be able to spend just as long with FromS...

【関連記事】
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』gamescom 2018 海外メディアによるゲームプレイ映像が多数公開
『ダークソウル』シリーズや『Bloodborne』などで知られるフロム・ソフトウェア宮崎英高氏が新たに手掛ける和風忍者アクション・アドベンチャー『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(PS4/Xbox One/PCで2019...
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』gamescom 2018 IGN LIVEよりゲームプレイ映像。プレイインプレッション情報も
欧州最大級のゲームショウ「gamescom 2018」におけるIGN LIVEにて、2019年3月22日に発売が決定したフロム・ソフトウェア新作アクションアドベンチャー『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のゲームプレイ映像...

コメント