『Fallout 76』オープニングムービー公開。B.E.T.A.テストはXbox Oneが10月23日、PS4/PCが10月30日にスタート。日本での実施情報は決定次第アナウンス

ベセスダ・ソフトワークスは、11月14日に発売を予定しているPS4/Xbox One/PC用ソフト『Fallout 76』のオープニングムービーを公開しました。

また、B.E.T.A.(Break-It Early Test Application)テストの情報も明らかにしていますが、これは北米・欧州向けの情報です。日本での実施に関する詳細は、決定しだいアナウンスするとしています。

【更新:2018/9/28 14:55】オープニングムービー日本語吹き替え版を掲載しました。

Fallout 76 オープニングムービー

海外版

Fallout 76 – Official In-Game Intro

日本語吹き替え版

Fallout 76 – オープニングムービー(日本語版)

B.E.T.A.テストについて

『Fallout 76』正式リリースに先がけて、実際にゲームを体験するチャンスです。まずはXbox One 向けのB.E.T.A.(Break-It Early Test Application)が10月23日(火)にスタートし、1週間後の10月30日(火)にはPlayStation®4とPC向けに開始されます。

※下記の内容は北米・欧州の情報です。日本での実施に関する詳細は、決定次第ご案内いたします。

11月14日の『Fallout 76』正式リリース(日本では11月15日)に先がけて、実際にゲームを体験するチャンスです。まずはXbox One 向けのB.E.T.A.(Break-It Early Test Application)が10月23日(火)にスタートし、1週間後の10月30日(火)にはPlayStation®4とPC向けに開始されます。
B.E.T.A.における主な目的は、ストレステストとゲームの最終調整です。そのため、サーバーを24時間フル稼働させず、特定の時間枠に対象を絞ってオンラインにし、できるだけ多くのプレイヤーが同時にプレイできるようにします。そうすることで、すべてのシステムをテストし、どのように反応するのかを確認していく予定です。

テスト期間中、ゲームは1日に4~8時間稼働します。この時間枠にできるだけ多くのプレイヤーを集中させ、そこから修正が必要だと感じられた箇所をB.E.T.A.期間中からローンチ直前までに何度も調整していきます。期間中にできるだけゲームをプレイしていただきたいので、今後も可能な限りの情報発信を続けていきたいと考えています。サーバーのオンライン状態は、公式Twitterアカウントの@Falloutや@bethesdastudiosの他、Bethesda.netのフォーラムやBethesda.netのステータスページからもご確認いただけます。(※twitterアカウントのリンク先は英語です)
皆さんが体験する冒険はプレイヤー各自で異なりますが、スタート地点は全員同じく、安全なVault 76における「再生の日」から始まります。その旅の始まりを今回初めてご紹介します。

プレイヤーの皆さんには、それぞれの旅をシェアしていただきたいと考えています。10月23日のB.E.T.A.の開始時から、『Fallout 76』でのすべての体験を、自由に全世界にストリーミング配信したり、話題にしたりしてください。
『Fallout』シリーズはもちろん、私たちにとってもエキサイティングな旅の幕開けです! B.E.T.A.期間中には、既知のものや予想だにしないものまで、様々な問題が発生することが予想されます。こうした問題を解決するには、皆さまのお力添えが必要です! さらなる詳細については、B.E.T.A. FAQのアップデート情報をご覧ください。
今後数週間に渡り、B.E.T.A.の開始を楽しみにしている皆さんに、マルチプレイ、ウェイストランドのサバイバル術、キャラクター作成、カスタマイズ等のヒントを含むゲーム情報を公開していく予定です! ゲームプレイ映像も、たっぷりとお見せします。Fallout website やソーシャルメディアで、『Fallout 76』のニュースや情報アップデートをご確認ください。
共に未来を始めましょう。
事前準備のお知らせ
B.E.T.A.の開始準備として、既に小規模な時間限定ストレステストを開始しています。これらのテストはランダムに選出されたプレイヤーが、守秘義務契約の元、トップシークレットのvaultで行っています。これはB.E.T.A.やローンチ前のサーバー準備に向けて、これらのテストが必要不可欠だとVault-Tecが判断したためです。