『バイオハザードRE:3』マスターロムはほぼ完成済み、『RE:2』よりもアクションをフィーチャーした作りなど開発者インタビュー情報(※加筆修正)

スポンサーリンク

カプコンが2020年4月3日に発売を予定しているPS4/Xbox One/PC用ソフト『バイオハザードRE:3』の開発者(川田将央氏とピーター・ファビアノ氏)インタビューがファミ通最新号に掲載されており、その内容の一部が明らかとなっています。

※更新:同インタビューの増補改訂版が投稿。その内容を参考に、記事内容をより詳細かつ正確なものに加筆修正しました。

スポンサーリンク

『バイオハザードRE:3』開発者インタビューより

  • コンセプトは「追われる恐怖、脱出までの過程をベースに、ジルの美しさ、原作では“追跡者”と呼ばれたネメシスの怖さも描いていく」こと。
  • 同時収録の『バイオハザード レジスタンス』も脱出がテーマとなっており、両タイトル含めて「エスケープ」というコンセプトで開発を進めてきた。
  • 『バイオハザードRE:3』と『バイオハザード レジスタンス』に連動性はなく、完全に切り離されたタイトル。
  • 『RE:3』は『RE:2』と比べるとアレンジされている要素が多い。
  • ネメシスはベースとなるB.O.W.があり、さらに改造して新たな兵器にした。
  • マスターロムはほぼ完成しており、延期になることはないと約束する。完成度的には、最後の細かな調整があるため90%程度。
  • ストーリーは基本的に原作を踏襲しているが、アレンジを加えている部分もあり、原作を知っている人でも新鮮に楽しめる。
  • ジルは『バイオハザード』シリーズでトップクラスの人気を持つキャラクターのため、デザイン変更でイメージを崩さないよう注意した。アクション性が『RE:2』より高くなっているため、激しいアクションをしても違和感のないコスチュームに。(※パッケージ版の数量限定特典やデジタル版のプレオーダー特典として原作モチーフのコスチュームが入手可能)
  • カルロスは外見だけでなく性格にもアレンジを加えた。ただ、ジョーク好きで軽口は叩くけど実は優しいという設定はあまり変わっていない。U.B.C.S.という組織とジルを繋ぎ合わせた人物で、仲間を気にかけるなどU.B.C.S.の中でも人間味溢れるキャラクター。熱い男であり、ゲーム中にそれを感じられるシーンも登場する。
  • ブラッドについてはゲーム内で見てほしいが、立ち位置はけっこう変わっている。生き残っているS.T.A.R.S.の仲間たちと色々動いているという設定。
  • 『RE:2』ではゾンビの怖さをフィーチャーしたが、『RE:3』ではアクションをフィーチャー。もちろん『バイオハザード』らしさもしっかりある。

『バイオハザード レジスタンス』について

  • 『バイオハザード レジスタンス』は、バイオシリーズの歴史に正式に絡んでくるもではなく、一種の“お祭りゲー”という側面もある。「いろいろなキャラクターを出したら楽しいだろうな」というコンセプトも入っているため、登場キャラクターから厳密な考察には向かないが「こんな事件や繋がりがあったのかも?」程度に楽しんでほしい。
  • βテストではマップは1種類だったが、製品版では複数用意する。
  • (自分の戦績を誇示した人向けの要素は?)「RE NET」(※バイオシリーズと連動して楽しめるWebサイト)と連動している。詳細は伏せるが楽しみにしてほしい。
  • 「Z Version」を購入した場合でも『レジスタンス』はCERO D 相当の表現になる。