『アサシンクリード ヴァルハラ』発売後の有料DLC&無料アップデートの計画が公開 ─ 「ディスカバリーツアー」も配信決定

スポンサーリンク

ユービーアイソフトは、11月10日にXbox Series/Xbox One/PS4/PC、11月12日にPS5向けに発売するシリーズ最新作『アサシンクリード ヴァルハラ』について、発売後に展開する有料DLCおよび無料アップデートコンテンツの計画を公開しました。また、詳細はまだ不明ですが「ディスカバリーツアー」の追加もアナウンスされています。

  • シーズンパスについて
    • 拡張コンテンツ1「ドルイドの怒り」2021年初旬配信予定
      アイルランドを舞台にエイヴォルが古代ドルイド教団の謎を解き明かす。ダヌのカルトの子供たちとの戦いが待つ。誰が教団の仲間であるかを見定め奴らを打倒せよ。そしてリングフォートを征服し、当時は賑やかな貿易大都市であったダブリンの貿易システムへ影響を与えよう。
      アイルランドの特徴的な雄大なマップを探索できることに加え、カルトやドルイド僧に興味があるプレイヤー向けの不思議な感覚を体験できる拡張コンテンツ。
    • 拡張コンテンツ2「パリ包囲戦」2021年初夏配信予定
      プレイヤーはバリの城塞都市に侵入し、ヴァイキングの歴史上最も野心的な戦いを追体験する。歴史上の人物に出会い、戦争で引き裂かれたフランク王国を探索する。追加される新アクティビティでは、カール3世のエリート部隊襲撃も可能。また、潜入も体験でき、同盟を結ぶことで内部からパリを征服していく。
    • ゴールドエディションまたはアルティメットエディションの購入者は、ゲーム発売直後からプレイ可能ボーナスミッション「ベオウルフの伝説」を入手可能。ベオウルフ伝説の“恐ろしい真実”を体験する。
  • 無料アップデートコンテンツについて
    シーズン1は2020年12月に配信予定
    • 「A New Settlement Are」新しい定住地を成長させ進化させることができる。
    • 「A Traditional Viking Festival」ユール祭を体験できる。
    • 「A New Game Mode」本作のコアとなるレイドメカニックをベースに、ダイナミックでやりがいがあり、かつリプレイ性の高いレイド体験を提供。ハイリスクハイリターン型で本編とは異なるストーリーが展開。
    • 「The Addition of the Ranks for Jomsviking」プレイヤーはヨムスバイキングを作成してレイドクルーの一員にするだけでなく、フレンドやコミュニティから募集することができる。この機能はアップデートが実施予定で、ヨムスバイキングがXPを獲得してランクアップできるようになる。
    • シーズン2は2021年3月にローンチ予定で、本作のコアとなる戦闘体験をベースにした新しいゲームモードや、Jomsvikingのアップデート、集落での祭り、新しいギアやコスメアイテムなどが登場。シーズン3およびシーズン4の詳細は後日発表。
『アサシン クリード ヴァルハラ』発売後のコンテンツ&シーズンパストレーラー