PS5のM.2 SSD増設スロットはローンチ時点では利用不可。将来的なアップデートで有効化へ

スポンサーリンク

SIEは、PS5に搭載されているM.2 SSD増設スロットについて、ローンチ時点では利用不可であることを、海外メディアのThe VergePolygon に対して認めました。

  • M.2 SSD追加スロットはローンチ時点では利用不可であり、将来的なアップデートにより有効となる。
  • マーク・サーニー氏は3月の時点で間に合わない見込みであることを説明していた。その理由は、市販のSSDを利用するにあたり互換性を確認する必要があるため。SSDのサンプルを取り寄せてベンチマークを取るだけでなく、PS5対応タイトルのベータ版が完成したタイミングで互換性のテストを行うとも発言。
  • M.2 SSD互換性の確認は今年後半に行われる。
  • PS5の内蔵SSD容量は885GBだが、利用可能なのはそのうち667GB(※メディア用レビュー機の場合)と報告されている。
  • USB外付けドライブについては発売初日から対応。外付けドライブからPS4のゲームが起動できる。

ソース:電ファミニコゲーマー /Automaton