Switch版『FATAL TWELVE』2021年春リリースへ ─ 一度命を落とした12人が“運命の女神”によって集められ蘇りを賭けたゲームに挑むサスペンスアドベンチャー

スポンサーリンク

プロトタイプよりNintendo Switch版『FATAL TWELVE』が2021年春にリリース決定。2018年に発売されたPC向け本格サスペンスアドベンチャーゲームのSwitch移植版。Switch版はタッチ操作と片手操作に対応します。また、同じく移植されたPS4版と同様にナリオとイベントCGの多数追加や一部ビジュアルのリファイン、テキストは日本語/英語 2言語を収録するものと思われます。

これは死から始まる命の物語──

突然の大事故に巻き込まれたヒロイン「獅子舞凛火」が気が付くと、そこはまるで何も起きていなかったような「日常」だった。募って行く違和感。だが、夢の中に現れた少女が語る。「これから真の蘇りをかけたゲームが始まる」と……。

ストーリー

爆発事故に巻き込まれ死亡した主人公・獅子舞凛火。

だが気付けば、そんな事故など無かったかのように平穏な日常に戻っていた。

数日後、夢の世界に現れた女神・パルカは語り始める。

「ようこそ、運命の奴隷の皆サマ──」

凛火を含む一度死を迎えた12人が集められ、真の蘇生を賭けた女神のゲームが開始される。

幾つもの生と死の中で、凛火が直面する様々な想いと自らの死の真相。

そして彼女が下す決断とは……?

PS4用ソフト「FATAL TWELVE」オープニングムービー

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク