スポンサーリンク

『ブレイブルークロスタッグバトル』家庭用のみにした理由やDLC価格設定について森利道氏が語る

アークシステムワークスが5月31日に発売を予定しているPS4/Nintendo Switch/Steam用ソフト『ブレイブルークロスタッグバトル』。本作の森利道プロデューサーが今週発売のゲーム情報誌インタビュー記事において、コンシューマ専用タイトルにした理由や、20キャラクターの配信が予定されているダウンロードコンテンツの価格設定などについて語りました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

森利道氏インタビューより

  • 応援があればこのシリーズを続けたい。
  • 家庭用のみにした理由は、主に海外と日本のプレイヤーの実力差が生まれる状況をなくしたいから。
  • ゲームパッドで遊ぶことを前提に作っている。
  • 本編の価格を低めに抑える(パッケージ版 5,800円+税/DL版 5,370円+税)ことで少しでも多くの人に遊んでもらい、面白いと思った人にDLCを購入してもらうという形にした。
  • 全DLCを購入しても、普段のゲーム全体の価格を大きく超えないように設定するつもり。
関連リンク

 ・ゲームよりどりサブカルみどりパーク

PCPS4Switch
スポンサーリンク
game2talk@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク

関連記事




ゲーム情報!ゲームのはなし