ピクセル、ギリシャ神話モチーフの新作STG『アステリアの翼』(Switch/PC)2021年リリース目指し開発中 ─ 『ツインビー』『フェリオス』『バーニングフォース』のスタッフが参加

スポンサーリンク

ゲーム開発のほか、レトロゲーム関連イベントの企画・主催などでも知られるピクセルは、ギリシャ神話をモチーフにした横スクロールSTG『アステリアの翼』を2021年発売を目指し開発中と発表しました。現時点で確定しているプラットフォームはNintendo SwitchとPC(パッケージ&Steam)ですが、今後他機種版も検討予定とのことです。詳細は以下へ。

『アステリアの翼』について

ゲーム概要

新しい解釈による人物像やクリーチャー、そして美しい景色と荘厳なサウンドが彩る、ペガサスと共に空を駆けるファンタジーシューティング。

豪華スタッフ

キャラクターデザインとコンセプトアート等に『ツインビー』シリーズや『ガイアポリス』などで知られるShuzilow.HA氏、音楽には『フェリオス』や『バーニングフォース』などを手掛けたKawagen氏(バンダイナムコスタジオ サウンドチーム)を起用。

登場キャラクター

Shuzilow.HA氏によって描かれる美しさと荘厳な雰囲気を兼ね備えたオリンポスの神々、妖艶な敵や画面を埋め尽くすほどの巨大なクリーチャーなど、魅力溢れるキャラクターが多数登場。複雑な相関関係の元、愛憎劇からやがて世界を巻き込む壮大な物語を展開する。そんなキャラクターの一部を紹介。

アルテミス

弓を操る月の女神。 この物語の主人公。恋人オリオンの生命を取り戻すべく、愛馬ペガサスと共に冒険の旅に出る。

オリオン

主人公アルテミスの恋人。二人の交際を快く思わないアルテミスの兄アポロンの計略により命を落とす。それが引き金となり、 神々の国と人間界に巨大な災いが訪れる。

グリフォン(中ボス)

強力な爪と口から吐き出す炎を操り、アルテミスの行く手を阻む。本来は主にアポロンの車を引く役目を持っているが、そのアポロン本人の命令により海の妖女セイレーンと共に海岸で待ち受ける。