『二ノ国II』大型DLC第1弾「亡霊王のラビリンス」。新ランダムダンジョンや新たな戦闘スタイル、80種類以上の新装備など詳細が公開

レベルファイブは『二ノ国II レヴァナントキングダム』で今冬配信を予定している大型DLC第1弾「亡霊王のラビリンス」の詳細情報を公開しました。

『二ノ国II』大型DLC第1弾「亡霊王のラビリンス」について

二ノ国II 大型DLC第1弾「亡霊王のラビリンス」

大型DLC第1弾のメインコンテンツはディープなランダムダンジョン「ラビリンス」の追加。あの高難易度ダンジョン「シラズの森」を超える超難関ダンジョンとなる。

さらに、従来とは全く異なる戦闘スタイルを生み出す「極意」システムの導入や新たな武器の実装、そしてメインキャラクターの過去に迫る新規クエストの追加など豪華コンテンツ満載。

ポイント1:新ランダムダンジョン「ラビリンス」出現

ホロンドール遺跡に突如出現した奇妙な門。その先は魔瘴気の根源が眠る無秩序な空間「ラビリンス」へと繋がっていた。

「ラビリンス」を治める「亡霊王ラミキル」は、、どうやら魔瘴気を使ってエバンの国「エスタバニア」を滅ぼそうとしているらしい。

ラビリンスを放っておけば、門から漏れ出した魔瘴気がエスタバニアを飲み込んでしまう。
エバン達はラミキルを倒すため、ラビリンスへと挑んでいく…。

【謎に包まれたラビリンス】
ラビリンスは大昔に何かを封じるために作られたが、今ではその役目を終え、中には無秩序なダンジョンが広がっているようだ。ラビリンスの門から漂う魔瘴気が、ダンジョンの恐ろしさを物語っている…。その最奥にはいったい何が待ち構えているのだろうか?

ポイント2:新しい装備アイテムの追加は80種類以上

80種類を超える新しい武器防具の装備アイテムが追加。キラキラと宝石のような輝きを放つものから、禍々しいオーラを放っているものまであるが、果たしてその強さはどれほどのものだろうか?

二ノ国II 大型DLC第1弾「亡霊王のラビリンス」

ポイント3:新ボス「亡霊王ラミキル」に挑め

「亡霊王ラミキル」とは、かつてグレイナス平原にあったとされる国「エンドラシス」の王。ラビリンスを治めているが、その姿を見て生きて帰ったものはいないという、謎多き人物。何らかの理由で魔瘴気に侵され、「亡霊王」となってしまったようだが、ラミキルの目的とは一体…?

ポイント4:「極意システム」登場

プレイヤーキャラの戦闘スタイルを進化させられる「極意システム」なるものが追加される。とある人々の遺したものから「極意」なるものを会得することで、戦闘スタイルに新たな変化が加わるらしいが…!?いったい「極意」とは何なのだろうか。

ポイント5:メインキャラクターの「新規クエスト」追加

エバンの力となってくれる心強い仲間たち。DLC第1弾・第2弾では、彼らにまつわるクエストが追加される。キャラクターたちの過去についてはあまり多く語られてこなかったが、その真相がついに明らかになるのだろうか…?

あのボスとの再戦がついに…!

本編のストーリーで戦ったあのボスと、ついに再びバトル…!?