高度なAIがプレイスタイルにあわせて効果的な恐怖を演出。パーマデス採用のサイコロジカルホラー『Song of Horror』日本語版が8月26日に発売へ|※更新:日本語公式トレーラー掲載

スポンサーリンク

Raiser Games 開発のサバイバルホラーアドベンチャー『Song of Horror』の日本語版がDMM GAMESより発売決定。プラットフォームはPS4/Xbox One/PC、発売日は8月26日、価格は4,378円です。本作はチャプター別に販売されたものと、全チャプチャーを同梱したコンプリート版が存在。日本語版はその価格設定からコンプリート版として発売される模様です。

更新:日本語版トレーラー公開。公式サイトがオープン。

Song of Horror について

『ソング オブ ホラー』日本語版公式トレーラー

(以下Steamより)

高名な作家セバスチャン・P・ハッシャーが、その家族全員とともに行方不明になった。セバスチャンの身を案じた編集者が、彼を探すために自宅にアシスタントを遣った。だが、アシスタントが戻ってくることはなかった……。一連の失踪事件が引き金となり、やがて恐ろしい何か——ただ「それ」と呼ばれる、名もなき闇の存在が明らかになる。

止められない「それ」

“”Song of Horror””は真に迫る恐怖体験を実現。ただ「それ」と呼ばれる、悪意ある超自然的な存在を、プレイヤーの行動や決定に対応しうる高度なAIが制御している。耐え難い恐怖を体験せよ。異界の存在は、プレイヤーの動きに対応し、予期せぬ方法で追い詰めてようとする。シナリオのないゲームプレイに、緊張は否応なしに高まる。

13人のプレイアブルキャラクター

プレイヤーは、この物語に関わるさまざまなキャラクターの目を通してそれぞれの手段で生き抜くことになる。どのキャラクターも独自の視点で調査を行うことで、ほかとは異なる手掛かりやアイテムを見つけることができる。キャラクターたちの行動や決断が物語を形作っていく。一部の者は物語のある側面をより深く掘り下げ、あるいは何かを見落とすこともある。また、ある者は超自然的な現象に対して、有効な手段をとることもできる。だが、どの人物も「それ」に捕まれば死ぬ。そして、二度と生き返ることはない。彼らは死ぬと、プレイヤーはほかのキャラクターとして物語の断片を集め、彼らの死を無駄にしないために、調査を続けなくてはならない。

恐怖に満ちたさまざまな場所を探索しよう

あやしげな骨とう品店、忘れ去られた孤児院、遺棄された精神病院……。””Song of Horror””の各ロケーションは、このジャンルにおける古典作品にインスピレーションを得ている。おぞましい雰囲気に耐え、怪異ひしめくさまざまな場所を探索、捜査し、手掛かりや難解なパズルを解くアイテムを集めよう。

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク