『戦国無双5』サブモード「堅城演武」や居城(拠点)に関する情報が判明|※更新:詳細&画像追加

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスがPS4/Xbox One/Switch版を6月24日、Steam版を7月27日に発売予定のシリーズ最新作『戦国無双5』の最新情報が明らかとなりました。

スポンサーリンク

居城(拠点)について

ゲームを進める起点となるメニュー。様々な施設があり、武将や武器の強化、アイテムの購入などが行える。また、各施設は資源や所持金を消費してレベルアップすることが可能。それにより、施設の機能が向上したり、より良い品を購入できるようになる。

道場

主に武将の強化や装備の変更を行う施設。プレイアブル武将は、それぞれ家紋のデザインをした技能盤を所持。技能には能力を上げるもの、貴重なアイテムを入手しやすくするものなど様々。

また、武将は各武器種に対して熟練度を持っており、熟練度を上げることで、より良い性能の武器を装備可能になるほか、新しい閃技を習得したり、パラメータが上昇するといった効果が発動する。道場では、ストック武器熟練度を消費して各武将の武器熟練度を上げることができる。

鍛冶屋

主に武器の強化を行う施設。武器鍛工では、技能珠を使って武器に技能を付与したり、所持金を消費して武器を強化することができる。武器の特性を考えた技能設定が重要。

よろず屋

主にアイテムの売買を行う施設。戦闘中に使用する道具や武器、技能珠などを購入できる。

主に軍馬の管理や強化を行う施設。他の軍馬から技能や経験値を伝授することで、軍馬を強化可能。

堅城演武について

堅城演武の戦闘は拠点を守る防衛アクションで、攻め寄せる敵から一定時間拠点を防衛するか、敵を一掃することが目的。戦闘中には様々なミッションが発生し、達成すると戦闘クリア時の評価が上がる。

堅城演武では道具の代わりに、鉄砲隊などの部隊を召喚する「兵科」を装備する。召喚した部隊は周囲に強力な一撃を加えた後、その場に留まり敵の侵攻を防いでくれる。

一緒に出陣した武将同士は親密度が上昇。親密度が最大になると、庵で特別なイベントを鑑賞できる。無双演武のストーリーでは見られない武将同士の掛け合いや、知られざる一面が見られることも。

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク