『Anthem』初心者向け&上級者向け戦闘ガイド、ジャベリンのカスタマイズ、移動のコツ、ストロングホールドのサクセス・ガイド

いよいよ今週発売の、BioWareが贈る話題の新作SFアクションRPG『Anthem』(PS4/Xbox One/PC)。本作の初心者と上級者それぞれに向けた戦闘ガイドやジャベリンのカスタマイズ、ジャベリンによる移動のコツ、そしてエンドコンテンツのひとつである「ストロングホールド」に関する情報をご紹介します。

初心者向け戦闘ガイド

カスタマイズやアビリティからチームワークの重要性まで、ジャベリンについてのすべてを知っておきましょう。

Anthem Tips and Tricks on the Basics of Javelin Combat

ジャベリンはこの危険な世界における戦闘に不可欠であり、その特長や、それぞれを自分のプレイスタイルにどう活かしていけるかを理解するのは重要なことです。まず忘れてはいけないのが、最初からすべてのジャベリンを使用できるわけではないということです。

ジャベリンの解除
1機目のジャベリンはレベル2で解除され、残りのジャベリンは以下のとおりに解除されます:

  • 2機目はレベル8で解除
  • 3期目はレベル16で解除
  • 4機目はレベル26で解除

戦闘スタイルに合ったジャベリンを選ぼう

次に、4種のジャベリンそれぞれについて学びましょう:

コロッサス・ジャベリンは力強い頑丈なジャベリンで、防御力にも優れています。巨大なシールドと分厚いアーマーを利用して敵の中に突っ込み、チームメイトを守ることができます。また、重火器を装備できるほど屈強なのはコロッサスだけです。

敏速なインターセプター・ジャベリンは近接戦闘の力強い味方です。瞬時に移動して正確に攻撃を加え、反撃される前に回避する…そんなスタイルを好むプレイヤーにぴったりです。

レンジャージャベリンはバランスの取れた万能型のジャベリンで、ほとんどのプレイスタイルに順応します。近接戦にも遠距離戦にも耐えうるジャベリンを探しているのなら、レンジャー以上にふさわしいものはありません。ほとんどあらゆる状況に対応できます。

ストームジャベリンは遠距離戦を得意とする洗練されたジャベリンで、エレメンタル攻撃を操ります。戦場を俯瞰して氷や炎、電撃攻撃を食らわせたいのなら、このジャベリンを選びましょう。ストームは軽装甲なため防御力に欠ける面もあります。ですからむやみに戦闘に飛び込むのは避けて、比較的安全な距離を保ちつつダメージを与えましょう。

遠征は毎回、使用するジャベリンを選んでから開始されます。遠征が終わるまではジャベリンの変更はできないので、任務、戦闘、探索の性質をよく考慮して決めましょう。

ギアと武器
工房では、ロードアウトに装備するギアをプレイスタイルに合わせてカスタマイズできます。ギアは強力な攻撃コンボ(ソロの場合もチームの場合も)が与えられるよう最適化させたり、クールダウン時間を短縮させたり、武器の効果を上昇させたり、飛行時間を延長させたりなど、さまざまな効果をジャベリンに与えてくれます。

それぞれのジャベリンにはアサルトギアが2つ、サポートギアが1つ、武器が2つ、MODが6つ装備できますが、すべてのスロットが最初から解除されているわけではありません。ゲームを進めるにつれて解除され、それぞれ異なるレベルとレアリティを持つアイテムを集められるようになります。レアリティは合計で6つに分かれています:

  • コモン
  • アンコモン
  • レア
  • エピック
  • マスターワーク
  • レジェンダリー

任務を終えたら工房に向かって、入手したギアやMODがいま所有しているものを上回っていないか確認しましょう。アイテムが強力(またはレアリティが高い)であるほど、それだけ手強い敵を倒せる備えが整います。
次は武器です:戦場にも慣れて2つ目のスロットを解除したら、定期的に武器を切り替えるようにしましょう。敵を狙撃する際や、弾切れを起こした銃を交換する際に便利です。

アビリティ
それぞれのジャベリンには独自のアビリティが備わっています。これらのアビリティは一定の時間を経てチャージされていないと使用できません。敵を倒したり仲間をアシストしたりすることでチャージ速度は上昇します。アビリティバーが満タンになったら、群れでいる敵(または巨大な敵や手強い敵)を狙って特殊スキルを発動させることで一気に片付けられます。単一の敵に特殊スキルを無駄打ちするのは避けるのが賢明です。

敵を排除する以外にも、特殊スキルを使用すると悲惨な状況から急いで抜け出すことができます。アーマーが低下してピンチですか?特殊スキルを使用してアーマーとシールドを回復しましょう。攻撃を続けるにも危険な場所から飛び出すのにも有効です。

移動の基本
工房でカスタマイズを終えたらワールドに飛び出しましょう。戦闘で勝利する鍵は上下移動をマスターすることです。空中で飛行やホバリングを駆使して、有利な地点から敵を攻撃するようにしましょう。また、空中に長くとどまっていたいのなら、スラスターがオーバーヒートしないよう頭を使って移動する必要があります。滝やその他の水源を探して冷却し、飛行時間を延ばしましょう。滞空時間をどれだけ延長できるかが、戦闘で成功を収めるための要となるかもしれません。

団結して勝利せよ。
外に飛び出して冒険する準備が整ったら、「独りで強く、共にあってより強く」の合言葉を忘れずに覚えておきましょう。まだチームを組んでいなかったりフレンドが忙しい場合は、マッチメイキングを利用すれば簡単にチームを組むフリーランサー(1人でも3人でも)を見つけられます。また、フリープレイで自由に「Anthem」の世界を探索することもできます。戦闘や任務はチームを組んだほうがずっと面白く、報酬も豪華になります。

自分のジャベリンをカスタマイズ

自分のスタイルに合わせてジャベリンの外見をカスタマイズしよう。

Javelin Personalization in Anthem

「Anthem」では自分のジャベリンひとつひとつの見た目を自由にカスタマイズすることができます。塗装の色から摩耗具合まで、選択肢に限りはありません。

まずはフォート・タルシスか出撃ハンガーから工房にアクセスし、画面上部の「外見」メニューを選びます。利用可能な諸々のカスタマイズオプションが表示されます。

左側でアーマーのどのパーツが変更できるかを確認できます:

  • 胸部
  • 腕部
  • 脚部

アーマーのパーツを変更するとジャベリンのシルエットが変化しますが、これは表面的なもので、スーツのパワーには影響しません。

右側でアーマーの各パーツのビジュアル調整とアニメーションの変更ができます。オプションは以下のとおりです:

  • ビニール
  • 摩耗状態
  • アニメーション
  • 塗装

ビニール

プリントはアーマーに塗ることができる柄で、外見を変えてくれます。これらのデカールがジャベリンにちょっとした華やかさを与えてくれるほか、報酬として獲得した場合には、その功績の証ともなってくれます。

摩耗状態

激しい戦いをいくつも潜り抜けてきたような外見のジャベリンと、ショールームから直行してきたような外見のジャベリン、どちらがいいですか? スーツの金属部分を曇らせるたりピカピカにしたり、生地に染みを付けたり、さらには塗装を剥げさせたりして、好みの外見ぴったりに仕上げましょう。

素材と塗装

アーマーの質感を変えたいですか?ツヤのある金属から無骨な革まで、素材の選択は様々です。ジャベリンを覆う素材はパーツごとに分かれているため、細かい部位ごとに組み合わせて見た目を変えられます。

塗装については、実に幅広いカラーリングオプションが備わっています。膨大な数のプリセット色から選ぶこともできますし、自分好みの色合いにしたいのなら、カスタム色オプションのホイールを使うこともできます(画面右下のコントロールをご覧ください)。

アニメーション

ロードアウトには下の5つのアニメーションも追加できます:

  • 到着アニメーション – ゲーム開始時、任務開始時、ヘビーランディング認定時にいつでも見ることができます
  • 勝利ポーズ – 任務終了時に達成を祝う楽しいアニメーションです
  • 3つのエモート – 遠征中にチームメイトと簡単にコミュニケーションを取ることができます

満足するデザインに仕上がったら、外見に名前を付けてロードアウトに保存することができます。

ゲームを始めたばかりの時は決まった数のオプションしか選べませんが、「Anthem」をプレイしていけばアイテムを集める方法はたくさんあります。ストロングホールドで任務を完了するとワールド内でドロップアイテムとして見つけられるほか、収集した素材と設計図を使ってアイテムをクラフトしたり、ゲーム内通貨を獲得して新しいアイテムを購入したりできます。

最後にひとつ注意があります。素材、アーマー、エモート、プリントにはすべて異なるレアリティがあります:

  • コモン
  • アンコモン
  • レア
  • エピック
  • マスターワーク
  • レジェンダリー

発見、クラフト、購入したアイテムのレアリティが高いほど、次の遠征で目立てることでしょう。

上級者向け戦闘ガイド

コンボの効果的な使用法からエンドゲームへの備えまでのすべてをご紹介します。

Anthem Tips and Tricks for Advanced Javelin Combat

コンボの使用
より難易度の高いアクティビティに挑戦する前に、自分の使用するジャベリンの能力をしっかりと理解しておきましょう。ジャベリンに間違った使い方はありませんが、チームが補い合う形で動けば戦闘で優位に立つことができます。正しく動けば破壊力抜群のコンボに繋がり、目の前に立ちふさがる強力な敵を素早く確実に倒すことができます。

以下がコンボを発動するために知っておくべき重要なポイントです:

  • 一つ目、まずプライマーが必要です(通常は炎、氷、電気、酸といったステータス効果を敵に付与する攻撃)。
  • 二つ目、その後でデトネーターが必要です(これがコンボを放つためのトリガーになります)。デトネーターを最初に命中させたプレイヤーがコンボを発動させます。
  • 三つ目、コンボが一度発動したら、ふたたぶコンボを放つには改めて敵にプライマー効果を与える必要があります。

低レベルの敵には簡単にプライマー効果が付与されますが、高レベルの敵やシールドを持つ敵なら時間がかかるうえ、何回もエレメンタルダメージを与える必要があります。

敵にプライマー効果が付与されてデバフが適用されたら、デトネーターとなるアビリティを使用してコンボを放ちましょう。コンボ効果は使用するジャベリンによって異なります:

  • レンジャー – アビリティによるダメージに加え1体の敵に追加のボーナスダメージ
  • コロッサス – 範囲内の敵すべてに追加のボーナスダメージ
  • ストーム – 範囲内の敵すべてにデバフを拡散
  • インターセプター – 敵に付与された効果をもとにオーラを継承

チームワークが鍵となる
ストロングホールドはもっとも歯ごたえのあるコンテンツの一角ですが、腕力だけでは攻略できません。完ぺきなコンボのための下準備でも、攻撃されているチームメイトを援護するのでも、突破口を開くためにアビリティを使用するのでも、何をするにせよ、チームメイトとの協力は不可欠です。

たとえば、コロッサスはバトル・クライを使用して敵の攻撃を引きつけ、側面攻撃のチャンスを作ることができます。ストームが敵グループにプライマー効果を与えたところに、突如としてインターセプターがダブルブレード・ダガーで切り込んでコンボを食らわせるのです。

ワンランク上のプレイでは、チームの強みを生かした作戦を練ることが重要なポイントのひとつとなります。

ギアとロードアウト
レベル上限に達すると、そこからはレジェンダリーの依頼やストロングホールドが攻略のメインになっていくでしょう。残りの難易度であるグランドマスター1、2、3もここで解除されます。これら高難易度レベルではレアリティの高いギアが入手できます。パワーレベルの底上げやボーナス獲得のためのロードアウトをビルドするのには必要不可欠です。

ギアのレアリティは6つに分かれています:

  • コモン
  • アンコモン
  • レア
  • エピック
  • マスターワーク
  • レジェンダリー

当たり前ですが、レアリティが上がればパワーも上がります。また、レアリティの高いギアには刻印が付いており、ビルドをさらに強化するステータスボーナスをランダムに付与します。高レアリティのギアは最大で合計4つの刻印が付いています。
マスターワークとレジェンダリーのアイテムには追加のアビリティボーナスが付いていることがあります(説明文の中にオレンジの文字で表示されます)。
完ぺきなギアを見つけるのには長い時間がかかりますが、すべてを満たしてくれるビルドなど存在しないことを念頭に置いておきましょう。工房で複数のロードアウトを保存しておけば、必要なときに素早く切り替えることができます。特定のシチュエーションごとに複数の予備ロードアウトを準備しておけば非常に便利です。多様なロードアウトを保存したら、実際に試してみて強敵を倒す新しい方法を模索しましょう。

クラフト
見つけた武器やギアがすべて必要になるわけではありません。欲しいギアを探し続けることもできますが、クラフトすることもできます。必要のないギアを分解するか、ワールドを探索しノードを回収してクラフト素材を手に入れましょう。

適切な素材がそろったら、選んだアイテムをクラフトできます。チャレンジを完了すると設計図が解除されていきます。チャレンジの進捗はメニューで追跡できるので集中することができます。ゲーム終盤に近付くにつれレアリティの高い設計図が解除されるので、勝敗の決め手となるギアをクラフトできるようになります。

ジャベリンでの移動のコツ
ジャンプ、飛行、水中移動などのジャベリンでの移動をマスターしよう。

「Anthem」の大地を歩き回ってすべてを見たつもりになっても、空を飛べば、あるいは水に潜れば、また異なる世界が開けて、新しいアイテムや新しい敵に出会うことができるでしょう。この世界のさまざまなレイヤーを探索し尽くすには、フリーランサーとして強力なジャベリンを身に着け、フォート・タルシスの壁の外へ旅立たなければなりません。

ジャベリンには種類ごとに専用のムーブやスキルがあります。世界を探索するだけでなく、戦闘で勝利するためにも各ジャベリンでの移動をマスターすることが重要になります。

ジャンプ
ジャベリンのジェット推進システムは、単なるジャンプ以上の動きを可能にします。まずは空を飛びたいと思うかもしれませんが、飛ぶまでもない高さ、軽いブーストでたどり着ける場所にある物も見逃さないでおいてください。ジャベリンはジャンプを使って、溶岩の煮えたぎる裂け目を飛び越えたり、足場から足場へと飛び移って崖を登ったりすることができます。

ジャベリンは種類ごとに動きが異なります。それぞれでのジャンプの違いをマスターしましょう:

  • レンジャー・ジャベリンは2段ジャンプで障害物を飛び越えたり、素早く敵の上を取ったりすることができます
  • インターセプター・ジャベリンは極めて敏捷性が高く、3段ジャンプができます
  • ストーム・ジャベリンはプラグインを使ってジャンプ中にさらに高く浮くことができ、戦場上空のベストポジションに留まることができます
  • コロッサス・ジャベリンはジャンプ時にメインスラスターを噴射して一気に飛び上がり、2段ジャンプの高さをさらに稼ぐことができます

飛行
高さを持つことで世界はさらに面白くなります。けれども二本の脚で地上に縛り付けられていては、その高みに手を伸ばすことができません。ジャベリンを装着することで世界は一気に開け、無限にも思える空へ飛び立てるようになります。空を飛ぶのは楽しいだけでなく、重要なアイテムが高所にも散りばめられていることからプレイに欠かせない動作となります。

そして、探索や収集だけでなく戦闘においても重要になります。優れたフリーランサーは、飛行を使って戦闘中にさまざまな有利なポジションに移動して、敵を倒したり、チームメイトと連携して大ダメージの攻撃を繰り出したりするコツを学んでいます。

ジャベリンは種類ごとに動きが異なりますが、飛行速度は同じです。任務中にコロッサスが置いて行かれる心配はありません。もちろん、敏捷性の高いジャベリンほど操縦の反応は良くなります。

スラスターの冷却
残念ながら、ジャベリンは永遠に飛び続けることはできません。そこでパイロットの腕が求められます。各ジャベリンのスラスターは、オーバーヒートして停止するまでに一定時間飛び続けることができます。スラスターがオーバーヒートすると、ジャベリンは落下して、ふたたび飛べるようになるまでにしばらく待たなければなりません。

この時に環境を上手く利用できます。高速で急降下して飛行時間を延ばしたり、水に触れてスラスターを冷やしたりすることができます。オーバーヒートまでに余裕があれば、滝を見つけたり、水中に飛び込んだりして素早くスラスターを冷却しましょう。水面すれすれを飛ぶだけでもスラスターを冷却することができ、ふたたび上昇して戦闘に戻れます。

ホバリング
ジャベリンは飛行中またはジャンプの途中でホバリングに移ることができます。ホバリングは、戦闘中に有利な位置取りをしたり、自分やチームで次の攻撃を計画するために戦場を見渡したりなど、戦術的に活用できます。ホバリング中でも武器や(ほとんどの)ギアを使うことができ、下に降りることなく敵と戦えます。

どのジャベリンでもホバリングは可能ですが、ホバリング状態でダメージを叩き出すなら、ストーム・ジャベリンを使うのがおすすめです。ストームは他のジャベリンよりもオーバーヒートまでの時間が長く、より長い時間ホバリングして戦闘に活かすことができます。

水中移動
敵やアイテムが見つかる場所は、ダッシュや飛行でたどり着ける地上や高所だけとは限りません。下にもある可能性があります。世界の各所にある川や湖は美しい景観を生み出すだけでなく、任務の達成に欠かせない水中のルートが潜む場所でもあります。そして水中はさらに多くの探索の可能性をもたらします。新しいエリアへと道が開けたり、水底に眠る宝を見つけ出したりなど、飛行だけではたどり着けない世界へとプレイヤーを導いてくれます。

ジャベリンはスラスターの機能はそのままで水中に潜行することができます。水中では水に囲まれているため、オーバーヒートの心配もありません。

ディフェンスムーブ
自分のプレイスタイルに合ったジャベリンを選び出したなら、次はそれを使いこなす番です。ジャベリンには攻撃のブロックや回避などの防御の動きが備わっています。ジャベリンごとに動きが異なり、異なるスタイルで戦闘に臨むことができます。

プレイヤーはそれぞれの動きをマスターしなければなりませんが、手始めとして以下に各ジャベリンの専用ムーブをご紹介します:

  • レンジャーは素早いダッシュを行えます
  • インターセプターはトリプルダッシュが可能で、ダッシュで間合いを詰めて攻撃し、ふたたびダッシュで距離を取ることができます。
  • ストームは短距離テレポートで敵から逃れられます
  • コロッサスはシールドを構えて攻撃を受け止められます

ストロングホールドのサクセス・ガイド

ストロングホールドの解除や生存、最上級の戦利品獲得におけるポイントを理解しよう。

Anthem Stronghold Success Guide

ストロングホールドの解除
「Anthem」において、ストロングホールドはストーリーをクリアすることによって解除される、4人プレイのアドベンチャーモードです。解除されると、各ストロングホールドに挑戦するためのメンバーをあと3人見つけなければなりません。フレンドが3人集まらない場合は、マッチメイキングを使えば簡単にチームに参加できます。

ストロングホールドを無事にクリアすると納得の報酬が得られますが、最高レベルの戦利品を求めるのなら難易度を上げる必要が生まれます。ストロングホールドの難易度が上がるほど、得られる戦利品の質も上がります。

ストロングホールドの難易度
「Anthem」ではストロングホールドは6つの難易度に分かれています:

  • イージー
  • ノーマル
  • ハード
  • グランドマスター1
  • グランドマスター2
  • グランドマスター3

まだ新人のフリーランサーなら、経験とギアレベルに応じてイージーまたはノーマルの難易度を選ぶことをお勧めします。ただし、ジャベリンが成長し、さらなるレベルアップを求めるのなら、難易度ハードにステップアップしていきましょう。レベル30で難易度グランドマスターに挑戦できるようになります。自分のチームが挑戦できるギリギリの難易度を選ぶのがポイントです。

難易度グランドマスターは、難易度が高い(このレベルになると敵の増加は非常に高速です)一方、マスターワークやレジェンダリーなどの本当に欲しいと思える戦利品を得る近道のひとつでもあります。

鍵はコミュニケーション
一緒にプレイする3人が他人であろうと親友であろうと、他のプレイヤーにはどのアビリティを使用するか、いつコンボを発動させるか、いつ特殊スキルを使用するかを教える必要があります。チームワークこそがストロングホールドを生き延びる鍵です。マイクとヘッドセットがあるのなら、ぜひ使いましょう。より手強い敵を倒せる確率が上がります。

コンボと特殊スキルをマスターしよう
コンボを使用すると最大威力の攻撃を与えられるので、「Anthem」のコンボシステムを理解しておくことは重要です。コンボは主にプライマー(通常は敵に何かしらのステータス効果を与えるエレメンタル攻撃)とデトネーター(コンボの引き金となる攻撃)の2つで構成されます。チームコンボは致命的な攻撃になり、効果的にデバフ効果を付与したり、複数の敵を一掃したりすることができます。

特殊スキルは一体の敵ではなく、大きなグループやボスのために温存するようにしましょう。また、特殊スキルのクールダウンは比較的長時間となるため、無駄遣いはできないことも胸に刻んでおきましょう。高難易度のレベルでは特に、ストロングホールドの攻略が成功するか失敗するかは特殊スキルにかかっていると言えます。グランドマスターレベルでは、比較的小さな敵ですら高い攻撃力を持ちます。特殊スキルの使用は、できるだけ多くの敵を片付けてチームの安全を確保するための素晴らしい手段となります。

戦利品、分解、消費アイテム
ストロングホールドをクリアするたびに戦利品を獲得します。探し求めていたアップグレードもあるかもしれませんが、残りは必要のないギアかもしれません。しかし、これらを埃が被るほど放っておく必要はありません。分解してクラフト素材にしてしまいましょう。必要のないクラフト素材は消費アイテム(一回の遠征中にステータスをアップできるアイテム)にすることもできます。

消費アイテムは以下のレベルで解除されます:

  • 1つ目 – レベル10
  • 2つ目 – レベル20
  • 3つ目 – レベル30

ですから、レベル30でかなり厳しいエンドゲームコンテンツに挑む場合は、最大3つの消費アイテムをクラフトし、ストロングホールドに挑む前に装備できます。もちろん消費アイテムの強さはレアリティに左右されますが、たとえレベルが低くても、消費アイテムは攻撃力や防御力を高めてくれます。難易度の高いストロングホールドでは、少しの底上げが大きな違いを生み出すのです。