『ライザのアトリエ2』新たなキャラクター情報や調合の新要素が判明(※更新:詳細&画像追加)

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスが12月3日に発売を予定しているPS4/Switch/PC用ソフト(※PC版は2021年1月発売予定)『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』の最新情報が明らかとなりました。

【更新:8/27 18:57】
詳細情報と画像を追加しました。

キャラクター

パトリツィア・アーベルハイム CV:大空直美

3Dモデルイメージ

「待ってください! 今度は私もついて行きます!」

王都の資産家の娘で、愛称はパティ。家庭教師をしているタオの教え子で、彼とは親しい間柄。恵まれた環境でなに不自由なく育った少女だが、内心では自身の境遇に複雑な想いを抱いている。元騎士である父の手ほどきを受けており、剣術の心得がある。

王都にあるライザのアトリエは、彼女の実家・アーベルハイム家の所有物。恵まれた境遇に生まれたパトリツィアをライザはうらやましがるが、当のパトリツィアには思うところがあるようで……。
家庭教師のタオの頼みで、ライザに住居兼アトリエを提供してくれたパトリツィア。ライザとタオの親密な様子に、ちょっとヤキモキ?
自由奔放に生きるライザを見て、つい本音をもらしてしまうパトリツィア。彼女の本当の望みとは……?
小柄で可憐な雰囲気を持つ彼女も、戦闘では身の丈ほどもある長剣を振るう、戦士としての姿を見せてくれる。

クリフォード・ディズウェル CV:竹本英史

3Dモデルイメージ

「このトレジャーハンター、クリフォード、お宝と女の子の危機は見過ごさねえぜ!!」

トレジャーハンターを名乗る青年。実際には盗賊に片足を突っ込んでいるような人間で、叩けばほこりが出る身の上。さまざまなことを器用にこなし、芝居がかったキザな振る舞いも目立つが、根は真面目で真摯な一面もある。

遺跡に眠る財宝を求め、ライザたちの調査に同行させてほしいと言うクリフォード。冒険に役立つはずだと、自分の腕を売り込んでくる。
彼の噂を知るクラウディアは警戒するが、クリフォードの望みは必ずしも一攫千金ではないようで……。
遺跡での冒険は、残念ながら金銭的な収穫には乏しかった。しかし、クリフォードはどこか満足げな様子。
扱う武器はブーメランというクリフォード。トレジャーハンターらしい、トリッキーな動きが見もの。

ヴォルカー・アーベルハイム CV:新垣樽助

「今日は君に頼みたいことがあってね。できるかね?」

パトリツィアの父で、王都で多くの土地を持つ新興貴族。平民の出ながら、王国屈指の騎士として名を馳せ、貴族の列に並ぶこととなった人物。

名実ともに貴族としてふさわしい存在となるべく、厳しく己を律している彼。その厳しさは、娘の教育方針にも現れている。

調合について

理想のアイテム作りを追求できる新要素が追加。

新要素「エッセンス」

調合時に「エッセンス」を投入すると、マテリアル環の効果を強化したり、属性を変更したりといった恩恵が得られる。うまく活用すれば理想のアイテム作りに役立つ。

「ジェム」と「ミスト」を使うとエッセンスが精製できる。ミストには、火・氷・雷・風の4属性があり、ゲームを進めると上位ミストの光属性も登場する。
マテリアル環と同じ属性のエッセンスを使うと、マテリアル環の効果上限がアップする。別の属性を使うと、マテリアル環がエッセンスの属性に変化する。

新要素「エボルブリンク」

完成したアイテム同士を組み合わせ「EV効果」という特殊効果を付与できる。特定のアイテム同士でエボルブリンクを行うと、この方法でしか生み出せない「別のアイテム」に変化することも。

スキルツリー

「スキルツリー」でレシピ調合時に役立つスキルを習得していくことでライザを育成。スキル習得に必要なスキルポイント(SP)は、長後の実行や依頼の報酬などで入手可能。スキルツリーをどう伸ばしていくかはプレイヤー次第で、自分好みにライザを育成できる。

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク