『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発売から10日間で全世界累計200万本を突破!その他の記録も明らかに

スポンサーリンク

フロム・ソフトウェアとアクティビジョンがタッグで手掛けたPS4/Xbox One/PC用ソフト『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の全世界累計実売数が200万本(※PS4/Xbox One/PCのパッケージ版・DL版の合算)を突破したことが明らかとなりました。アクティビジョンの発表によると、発売から10日間以内の時点でこれを達成していたとのことです。

フロム・ソフトウェアの過去作では、PS4独占タイトル『Bloodborne』が200万本を突破したのは発売から6ヶ月後でしたし、初代『ダークソウル』は1年半後に230万本を突破、『ダークソウルII』は1年後に250万本を突破、『ダークソウルIII』は1ヶ月で300万本を突破したことが発表されていたので、いずれの作品と比較してもかなりのペースで売れていることが分かります。

また、発売日である3月22日にはSteam版だけでピーク時12万5000人に及ぶユーザーが同時にプレイしていたことが報告されており、これは『デビルメイクライ5』の8万5000人を大きく引き離す記録です。

さらに、Twitchでは発売週末までで6億3100万分以上、発売1週間で11億分にも及ぶ視聴時間を叩き出したとのことです。

Source: ACTIVISION