[更新:情報追記]『リディー&スールのアトリエ』Switch/PS4/Vitaで今冬発売予定!絵画の中を冒険、戦闘中にも調合可能、3Dモデルが格段に進化など続報判明

コーエーテクモゲームスのガストブランドが誇る人気RPG『アトリエ』シリーズ最新作『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~』の続報が明らかとなりました。
[更新1:対応ハードと価格が判明][更新2:情報追記]

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『リディー&スールのアトリエ』について

  • 発売時期は今冬。
  • 対応ハードはPS4/Nintendo Switch/PS Vita。
  • 価格はPS4/Switch通常版7,300円/限定版10,300円、PS Vita通常版6,300円/限定版9,300円(すべて税別)。
  • 「リディー・マーレン(CV:長縄まりあ)」スールの双子の姉で、性格はおっとりで少し天然。独特の芸術センスを持つ14歳。
  • 「スール・マーレン(CV:赤尾ひかる)」リディーの双子の妹で、明るくおてんばな天才肌。虫が苦手な14歳。
  • アダレット王国の首都「メルヴェイユ」で小さなアトリエを営む双子の少女。彼女たちが見つけた一枚の絵の中に不思議な世界が…。
  • 本作では絵画の中を冒険。アトリエランクの上昇により入れる絵画が増えていく。
  • 調合の基本は前作『フィリスのアトリエ』と同じだが、“活性化アイテム”で調合に変化が起こる。
  • バトルは二人一組のコンビネーションバトル。3チームの計6人まで参加可能。
  • コマンド入力は前衛にのみ行い、後衛の行動は自動で行われる。
  • ド派手なコンボ攻撃がある。
  • 戦闘中にも調合できる「バトルミックス」システム搭載。シンプルな調合により即席でアイテムを作成できる。
  • 3Dモデルが格段に進化。
  • 主人公の選択はなく、2人は基本的に一緒に物語を進めていく。
  • アトリエらしさを維持しつつ冒険感も得られる作品になる。
  • 初回封入特典としてマリーとエリーのなりきり衣装DLCが付属。
関連リンク

 ・ゲームよりどりサブカルみどりパーク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事